FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

そしてある日、ついにその人の手が私のスカートの中に延びてきました。


仕事はショップ店員です。
仕事柄、デニムなどのカジュアルな服装が多いので最近はめっきり少なくなりましたが高校時代、専門学校時代はよく痴漢にあいました。

痴漢にあったと話すと学校の友人などは、
「私は捕まえてつきだしたよ!」
などとよく自慢げに話していましたが、私はいつも痴漢にあうと、黙って触られているんです。

相手のことを考えると…って思ってかわいそうになる感情と、あとは「怖い」って気持ちの中に「いやらしいことをされている」っていうマゾ的な複雑な感情が入り混じってきて強く拒否できないんです。
学生時代、まだ処女だった私にはよくわからないことだったけれど、きっとこの当時の体験が今の性癖をあらわしてると思うんです。

男性の支配下で快楽を得るという性癖。
私は都内で一番混雑するといわれている電車で通学していたんですが、乗車する列で毎日のように私の後ろに並び、混雑するどさくさに紛れて私にぴったりと寄り添ってくる人がいたんです。

40代半ばくらいでしょうか?いわゆる普通のサラリーマンです。
私の真後ろで息を荒くして、自分の固くなったものを押し付けてきます。
最初のうちはスカートの上から軽く触る程度でしたが、私が抵抗しないとわかるとその人の行動は日に日にエスカレートしていきました。
真正面で向かい合って胸をなでるように触ってきたり、お尻を強く揉んだ…
その人を見つけて別の車両に乗ろうとしても追ってくるんです。

そしてある日、ついにその人の手が私のスカートの中に延びてきました。
怖くてそのときばかりは必死に抵抗したんです。
声は出しませんでしたが、スカートの中に延びてきた手を振り払おうとしたんです。

するとその人は、私が振り払おうとした手を握り返してきたんです。
満員電車でしかも男性の力、もう抵抗できませんでした。

しかも、私が今まで抵抗してこなかったのに初めて抵抗しようとしたしぐさを見せたことによってその痴漢は一層興奮したようでした。
息はいつもより荒くなり、私の耳から首筋にかけて熱い息が降りかかってきます。
私の右手首を握り締めたままもう片方の手で、太ももの間に手を延ばしそのまま下着の上からお尻の割れ目をなぞります。
男性にそのように触られたことがなかった私は、そのゾクゾクする感触がなんなのか、何をされているのかわかりませんでした。
くすぐったいような…気持ちいいような…

下着はみるみるいやららしい汁でぐっちょりになってるのがわかりました。
(その当時はなんでそうなるのかわかりませんでしたが…)
ただ満員電車だったため、私の感じるところをその痴漢もうまくつきとめられなかったらしくただやみくもに触れているようでした。

やがて目的地の駅に到着し、私は逃げるように降りていきました。
そのときはただ怖かったので人に話すことも出来ませんでした。

今、この当時のことを思い出すとちょっともったいないことしたかな…って思います(笑)
今の私がスカート姿で痴漢にあったら間違いなく足を広げてクリトリスをしっかり刺激してもらいます。
でもなかなかあわないもんですね。
胸元の開いた谷間がばっちり見える服で痴漢にあうのを待ってるのに…

プチ誘拐されてすっごい怖くてエッチな体験をしました。


小6の時のことです。
プチ誘拐されてすっごい怖くてエッチな体験をしました。
私の住んでいるとこってけっこう田舎なんだけど、治安とか悪くってしょっちゅう不審者情報が出回っていました。

その時も夏休み前に痴漢にあった子がクラスにいて、先生も注意を呼び掛けていたのですが…。
夏休みのプール授業の日、私は学校までの道を歩いていました。
田舎の農道は午前中でも人気がなくて、木が茂っている小道は気味が悪いものです。

思わず小走りになった私の後ろから、一台のワゴン車が走ってきました。
(あっ、車だ よかった、こんな時間でも人が通るんだ)
安心していた私ですが、どうも様子が変です。
道のはじに私が寄っていても追い抜こうとしないで、何時までもくっついてくるんです。
素足にサンダル履きでは思うように走れません。
車はついに私を追い越したかと思うと、先を通せんぼする格好で止まりました。

そして、小走りに中年のオジサンが出てきたのです。
特別変態っぽいキモイ人ではありませんでしたが、私を見つめる目つきが怪しくて、これはやばいって瞬時に思いました。
木の影が薄暗いトンネルになった農道です。
人通りはないうえに、走って逃げたところでひたすら田んぼが広がっているだけです。
女の子の足で大人の男の人から逃げ切れるはずはありません。

もっとも、足が震えて逃げる勇気もなかったというのが正解ですが。
「お嬢ちゃん、ちょっと車に乗って道を教えて欲しいだけなんだ あ、逃げたりしない方が良いよ…」
12歳の私にでも、このおじさんの車に乗れば道案内をするだけでは済まないことは想像が付きます。

でもオジサンの鋭い目つきと、さりげない言葉に背筋が凍るような怖さを覚えた私は立ちすくむだけです。
オジサンは私に歩み寄ると、ものすごい力で手首をつかんでワゴン車の後部座席に押し込みました。

オジサンは私の手をビニールロープで縛ると、ドアの上の手すりに結び付けます。
後部座席は色付きのガラスで、中の様子は誰からも見えなかったと思います。
上段抜きで密室に囚われの身となった私にピンチが迫ります。
「オジサンの言う事をちゃんと聞きなさい そうすればすぐ返してあげる」
「い、いやッ!」
私は泣きじゃくりながら身悶えしますが、縛られた身体は言うことを聞きません。
オジサンはいやらしい顔つきと手つきで、私のピンク色のキャミとデニムのショートパンツを脱がしにかかります。でも私、その時点ではまだ裸にされる恐怖を感じませんでした。

※管理人の励みになりますので応援クリックお願いします(笑)→   
どうしてかというと、私スクール水着を着こんでいましたから。
スクール水着って体のラインとかを消してくれますし、簡単には脱がせられません。
私、かなり発育がよくてブラはDカップだったし、むっちりタイプだなぁ、と自分で思っていましたので、それを隠してくれます。

ところが、オジサン、私のスクール水着姿に逆に欲情しちゃったらしく、目つきがさらに怪しくなりました。
キャミをびりびり引き裂きながら、厭らしく笑いかけます。

そしてばたつかせる私の太腿から、ホットパンツも脱がせます。
「へへへ、楓ちゃん、っていうんだぁ? 近頃の小学6年生は成長が早いんだねぇ」
水着のネームで私の名前を知ったオジサンは、私のアソコに自分の顏を埋めるではないですか。
「ひ、ひぃんッ!」
オジサンの洗い鼻息を秘所に感じた私は身を固くして嗚咽をこらえます。
「いい匂いだぁ」
私のVゾーンからくぐもったため息を漏らすオジサン。

突如私の身体にビクンと電気が走ったみたいな衝撃が…。
熱うぅ~~く湿り気のあるソレは私の女の子のゾーンを、しつこく丹念になめまわし続けます。

告白します。
私、水着の上からでもめっちゃ感じちゃいました。
12歳にして人生初のクンニです。
拉致られて、縛られて、水着だけにされて、十分怖くて死にたい気分なのに、アソコを責めるのだけはやめて欲しくない、というのが正直な気持ちでした。

もっと白状すると私ってかなりHな娘です。
小5でオナニーにハマりましたし、この頃は一日2回くらいシャープペンシルの後でクリちゃんを苛めるのが日課でした。

イクっていうのも体験済みで夜中に部屋で声とかあげそうになった経験もあります。
ママがフィリピン人で踊り子をしていて、かなりHな衣裳で隣町の飲み屋さんとかで働いていて、性に開放的な家庭で育ったことも理由かもしれません。

そのせいで地元では白い目で見られてましたし、私も「多淫娘」とか大人の間で呼ばれていました。
アソコがぬるりとした感覚に襲われるのは、オジサンの唾液のせいだけでないことはもう間違いありませんでした。
「すけべぇな娘だ 今日は徹底的に調教してあげよう」
オジサンは後部座席から車を出ると、運転席に座りエンジンをかけました。

少しだけは知った後、停止した車の後部座席が開き、オジサンは私を連れ出します。
口にテープとか貼られない代わりに、目隠しをされました。
手首は縛られたままで、オジサンにまるで奴隷の様に引っ張られます。
裸足のまま連れ出されたので、足の裏に照り返しの強いアスファルトの熱が感じられました。
(どこへ連れていかれるんだろ? レイプとかされたら…)
怖さと同時に甘い股間の痺れと、拉致されているんだという奇妙な快感が入り混じります。

やがて、セミのなき声が大きく鳴り響く場所で、両手を空に向けて万歳するようなポーズで固定された私は、オジサンに「調教」される羽目になります。

女の子は一度燃え上がるとなかなか冷めません。
私みたいにHな娘はなおの事です。
オジサンは私の乳首を水着の上からぐりぐりいじったかと思うと、胸の間に手を挿しこんできてナマ乳首を摘み上げたり、首筋を舐めたり、唇まで奪ってきたりする始末。
「あ、はぁんッ、あんッ、あんッ、あああぁぁんッ」
いじめられっぱなしの私は精一杯身悶えますが、縛られた身体は言うことを聞きません。

もうされるがまま、喘がされっぱなし…。
やがてオジサンは汗を滴らせる私の身体を抱き込むと、再びクンニです。

さっきとは比べ物にならないほどのしつこさで苛め抜かれると、私もさらに燃えてしまい、Hなジュースが水着の股間に飛び散る感覚に失神しそうな快感を覚えました。
「ホントにHな悪い娘だ 喘ぎたければ喘いでいいよ ここでどれだけ泣こうが叫ぼうが、助けは来ないよぉ」
ここがどこだか、その時の私は知る由もありませんが、確かに私がこの変なおじさんに捕まって辱められていることを知る人はいないでしょう。

そんな絶望感に苛まれながらも、あそこは熱くなる熱くなる…。
乳首はクリクリと硬くなりますし、全身は汗まみれ、気が付くと太腿の間がヌルヌルです。
オジサンの熱く固いベロがワレメをなぞるたびに、じゅわあぁ~~ッと愛液が噴き出します。
「あッ、も、もうダメッ、い、イカせて」
12歳の女の子らしからぬ言葉がつい口に出ます。

今まで経験したどんなオナニーよりも気持ちいいんですから、それも無理のないことです。
そんな私に追い打ちをかけるみたいに、ラサにHなお仕置きが。
ブーンという低い音が聞こえたかと思うと、アソコに奇妙な振動と甘い痺れが襲い掛かりました。
「はひいいいぃぃ~~~ッ!!」
多分あれはローターだったんでしょうね。

いくら「多淫娘」の私でも当時は未体験の快感に思わず、悶絶でした。
オジサンはしつこく粘着質に私のアソコにそのイケないおもちゃを押し付けては振動させ、絶妙のタイミングで止めては私を嬲りました。
「あ、あはんッ、いひいぃッ、あ、あッ、ああぁッ、イク、イクイクッ、いっちゃううううぅぅ~~ッ」
股間がヒクつき始め、エクスタシーが間近に迫っている私は、我を忘れてヨガリ狂いました。

その時です。
背後から、車の停車する音が聞こえました。
「ちッ、良いところで!!」
私をいたぶっていたオジサンは舌打ちをしました。

急に手首の縄が解かれましたが、目隠しはされたまま。
何が起こったのかはわかりません。オジサンの走り去るような音が耳に残りました。
「何してんだね、ああん? おめぇ、XX(私の苗字です)のところの娘か?」
目隠しをとった私の前にいたのは、知り合いの村のウルサイおじいさんでした。

山菜取りにでも来たのでしょう。
それが功を奏して私は変態オジサンから解放されたのです。
あたりを見回すと森林公園のわきの林道で、向こうにおじいさんの車が停車しているのが見えます。
私は木に吊るされる格好で悶え狂っていたんですね。

今思えば恥ずかしいことです。でも私の肉体はイカせてもらっていなかったので熱りっぱなしです。
「何やってたんだ、おめぇ?」
おじいさんは快感にビクビク痙攣する私の足元に転がっているものに興味津々の表情です。

それは小さなバイブです。
私を嬲っていた…。オジサンはははぁんという表情で下品に笑いました。
私がプチ誘拐されたなどとは夢にも思わず、プール授業をさぼって性欲を爆発させていたと思ったのでしょう。

でも自体は最悪に…。私立ち上がった瞬間、その衝撃で今まで堪えていた欲望が爆発しちゃったんです。
そう、イっちゃいました。
「いやああああぁぁ~~~んッ」
股間をずぶぬれにしながら、アヘ顔をおじいさんにばっちり見られた私は、「多淫娘」の名を確実なものにしちゃったのです。

ほんとに短い時間でしたが、オジサンに誘拐された体験は忘れることのできない思い出です。
あのまま、解放されなかったら、と今でもその後のことを妄想しちゃっている多淫娘の私です。

BはDQNであると同時に変態野郎だった。



300 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/08/30(月) 21:39:46 ID:ciDPQOWJ0
もう今では、全然気にならなくなったけど、何年か前までは、思い出すたびに殺意が芽生えた件。俺もすごい不用意だったし、馬鹿だった。だからよからぬ事が起きた。
俺が、20歳の頃、地元ですごい有名な先輩で山田(仮称)がいた。
山田は高校の頃、ボクシングでインターハイに出たり、その後もキックボクシングで実績を残したりして、地元の英雄だった。
俺は同級生のDQNを介して山田と知り合ったんだけど、なぜか山田が俺のことを気に入って、仲良くしていた。
 
 
301 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/08/30(月) 21:40:32 ID:ciDPQOWJ0
その頃は、「山田に可愛がってもらっている俺」っていうのをちょっと自慢に思っていた(涙)。よく山田の家に呼ばれて、酒とか飲んでハイテンションで盛り上がっていた。山田の家は、すごい広くて、昔は専業農家だったので、敷地の中に建物がいくつもあった。
山田は敷地の中の離れの建物に住んでいて、そこは山田の友人たちのたまり場になっていた。ヤンキーっていう感じではなかったけど、集まってくるメンバーはちょっと危ない奴が多かったと思う。


302 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/08/30(月) 21:41:21 ID:ciDPQOWJ0
当時、俺にはマジですごい可愛くて、性格も良い彼女(ゆみ)がいたんだ。
なんで俺がそんな良い娘と付き合えたのかは謎だけど、あまりにも人気がありすぎて、誰もアタックしなかったからだと思う。
漁夫の利みたいに、俺がアタックして、ゲットしたみたいな。嘘みたいだけど、素直で性格よくて可愛い娘だった。(芸人のおかもとまりをもう少し大人っぽくした感じ)
ある日、山田から俺に電話がかかってきた。「今暇か?」と聞かれたので、「ゆみと一緒にいる」と言うと、「じゃあ、ちょっと来いよ」と。
正直だるかったけど、山田からの呼び出しなら、行かなきゃと思って、ゆみと車で行った。結局、この日、ゆみが山田とその仲間に凌辱されてしまう。今なら文書でさらっと書けるけど、当時は死ぬほどの苦しみ。本当に死のうかと思ったくらい。


303 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/08/30(月) 21:42:41 ID:ciDPQOWJ0
山田家についたら、山田とその他に男が2人で計3人。(仮に山田+A、Bとする)
Bは知らないやつだった。
後で知った話しだけど、山田は俺の彼女とヤリタイと以前から思っていて、虎視眈眈と狙っていたそうだ。今思えばだけど、だからやたら俺に電話がかかってきたのかなって思う。3人とも既に酒を飲んでいて、俺とゆみも一緒に飲むことになった。
30分くらい飲んで少しほろ酔いになったころに、Bが、週に何回SEXしているのかとか、ゆみの乳首は何色かとか、変なことを聞いてきて、俺とゆみは笑ってごまかしていた。
不快で下品なやつだと思った。


310 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/08/31(火) 22:11:55 ID:s7VAvQgx0
そんな会話を続ける内に、山田が「酒がきれた」と言い出し、俺が買い出しを命じられる。完全にハメラレタんだけど。
ゆみと一緒に行こうとしたけど、山田から一人で行けって言われて、しぶしぶ歩いて最寄のコンビニに行くことに。
酔ってたから思考がにぶっていたけど、なんでゆみを置いて行っちゃったんだろうな・・・


311 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/08/31(火) 22:12:31 ID:s7VAvQgx0
(ここからの話しはAに聞いた。Aは結構良心的な奴なのだ)
俺が出てから間もなく、4人でトランプをやりだしたらしい。
負けた人は一気飲みっていうルールで。
ブラックジャックって知ってると思うけど、山田とBがゆみをはめたらしいんだよね。
聞いた話だからよくわからないけど、絶対にゆみが勝てないようになるように仕切っていたらしいのよ。
それで、ゆみは、ワインを何回も一気飲みさせられたんだと。


312 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/08/31(火) 22:12:56 ID:s7VAvQgx0
その頃、俺はと言えば、さっさとコンビニで買い物を済ませて山田家に戻ろうとするものの、山田から電話がかかってきて、セブンじゃなくて、ローソンのからあげくんが食べたいとか言われて、ひたすら歩きまわさせられた。

ゆみがフラフラになってきて、「もう一気飲み 無理」と言ったところで、いきなり山田がゆみのおっぱいを服の上から触りだした。
そんで、間をおかずに、Bがゆみの背後に回り込んで、着ていたTシャツとブラジャーをまくりあげ、山田が携帯でパシャっと撮影。
ゆみの美乳が山田の携帯に撮影されてしまった。
残念なことにゆみがおっぱいを揉まれている写メは、地元の奴で保有している奴は結構いる。
Bの人差し指がゆみの乳首をツンツンしてる写真がまじであるんだ。
顔は映っていないのが幸いだけど。


313 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/08/31(火) 22:13:26 ID:s7VAvQgx0
ゆみは悲鳴というか、声を荒げたらしいが、敷地の中の離れなので、どこにもとどかない。
敷地もすごい広いし。
そして、ここからが凌辱タイムね。
俺が戻るまで数十分。
ローソンでからあげくん買ってる俺、超馬鹿っていうタイム。
結局、この日で俺とゆみは音信普通になっちゃうんだけど、全部山田のせい。
まじで今でも殺したい。・・・けど、俺喧嘩なんてしたことないし、山田は地元で最強だし、絶対無理なんだけどさ。


314 名前: えっちな18禁さん [sage] 投稿日: 2010/08/31(火) 22:15:05 ID:s7VAvQgx0
山田は携帯でゆみのおっぱいを撮影したのをいいことに、「こればらまくぞ、ばらまくぞ」って、ゆみをおどした。
ゆみはやめて、お願いやめてと懇願。
山田は「だったら言うこと聞け」と。
完全に犯罪レベルだと思うんだけど、ゆみは結局警察なんかに訴えることはしなかった。
たぶん、これぐらいの軽犯罪って、全国に結構あふれていると思うんだよね。
自分の彼女がそういう目にあったから言うわけじゃないけど。


322 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/02(木) 20:37:35 ID:AWEt8kGd0
test


323 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk 投稿日: 2010/09/02(木) 20:38:33 ID:AWEt8kGd0

まずはおっぱいを触らせろってことで、山田とBがかわるがわるゆみのおっぱいを揉んだ。
この間、Aは寝たふりをしていた。
Aは結構、頭が良い奴なので、俺の推測だが、犯罪で捕まるのを避けたかったんだろう。
Bは本当に下品な奴でおっぱいだけでなく、下も触りたいと言い始め、履いていたジーパンを脱がせ始めようとする。
ゆみは一旦抵抗するものの、「写メをばらまくぞ」という山田からの再度の脅しにより、ズボンも脱がされてしまう。


324 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/02(木) 20:39:17 ID:AWEt8kGd0
ゆみは「お願いだから、もうやめて」と言ったらしいが、山田は「そんなら写メばらまくけど」と言い、ゆみをだまらせる。
(すみません。sage忘れました)

そして、「やめて」「写メまくぞ」というゆみと山田の押し問答がしばらく続く。
すると、山田が「じゃあ、もう帰っていいよ」とゆみに言う。
ゆみがどうしていいかわからずに、無言でいると、「お前の胸もまれているとこ、彼氏(俺)に送るから」
と言われ、遂に陥落してしまったらしい。
(ひょっとすると、山田の手口なのかもしれない)


325 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/02(木) 20:39:43 ID:AWEt8kGd0
俺が山田家に帰るまでの時間を考慮して、情事は進められたらしい。
まずは山田。
すぐに服を脱ぎ、ゆみを全裸にする。
Bが「おおっ いい体してんな」とか言ったらしい。
(そうなんだよ。ゆみはナイスバディをしていて胸の形もすごい良い)
山田が「このボディなら10回くらい いけそうだ」とか言ったとか、なんとか。
DQNだからしょうがないが、やっぱ断りもなく生で挿入。
やたら乳首を吸いながらガンガンついてたみたい。
ゆみはずっと無言だったみたいだけど、山田が「気持ちいいか 気持ちいいか?」って
(気持ちいいわけねえだろって言うの)

そんで、3分くらいピストンして山田が腹射。


326 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/02(木) 20:45:13 ID:AWEt8kGd0
続いてBが登場。
なんか挿入する前に乳首とかをウェットティッシュで拭いてたらしいが。
(山田と間接キスするのが嫌だったんだろうか)
それ聞いた時に、なんか妙にこなれているなって思った。
挿入してからも、やっぱBは下品な奴でゆみの口の中に唾液をたらそうとしたり、顔をべろべろ舐めてたらしい。
そんで、最後は中出し。
聞いた話だからよくわからないけど、明らかに中出しって言ってたよ。


329 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/02(木) 21:48:08 ID:AWEt8kGd0
事が済んだ後は大急ぎでティッシュとかで処理して部屋を片付けたんだと。
俺がそろそろ帰ってくるから。
ゆみは服を自分で着て、俺が出かける前のポジションに元通り。
数十分後、俺が山田家に到着。
手には、ローソンのからあげくんとか、氷結とか、いっぱいぶらさげて。
部屋に入った瞬間に強烈な精子臭に気づく。
自分の精子って、あんまり気にならないもんだけど、他人の精子臭は強烈だったよ。
しかも、ゴミ箱がティッシュの固まりで満載だったし。
一瞬で何かよからぬことが行われていたことを察知した。
ゆみは生気を失った顔をして、目が赤くなっていたし。


330 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/02(木) 21:48:45 ID:AWEt8kGd0
俺がつくなり、山田が「なんか眠くなっちゃったし、そろそろにするか」と言った。
俺は、もう心がバクバクしていて、何が起こったんだっていう気持ちばっかりだったから、その時のことはあんまりよく覚えていない。
帰り道はある意味で修羅場だった。
どちらも口を聞かなかったから。
俺はどうしてもゆみに話しかけられなかった。
ゆみも俺に話しかけてこなかったし、話しかけるなっていうオーラを放っていた。
そのまま我が家について、ゆみは飲酒運転でだまって帰っていった。
絶対に飲酒運転なんてする娘じゃないのに。
そんで、そのまま音信不通。
何度か電話をかけようと思ったことがあったけど、話を聞くのがこわすぎてかえることが出来なかった。結局、山田からも二度と電話がかかってくることはなかった。
 

---



339 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/03(金) 19:09:34 ID:Kdzi+MJ90
スレに書いたのをきっかけに、なんか自分の中でこみあげてくるものがあって、昨日の夜、ゆみに電話してみた。
かけても出なかったけど、1時間後くらいにコールバックがあって、それにでた。
(まじでもう電話すら出てくれないんだなって思ったけど、救われたよ)

出ていきなり、「久しぶり、どうしたの?」って言われたけど、
「いや、別に、元気かなと思って」としか、言えなかった。
最近ゆみは、料理教室とか着付けの教室に通っているって言ってた。
花嫁修業かな?彼氏はいないらしい。
なんかうまい具合に話がとんとん進んで、再会出来たりしないかな?
なんて思ったけど、全然だめそうだ。
妄想は自分の中にとどめることにするよ。


340 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/03(金) 19:12:27 ID:Kdzi+MJ90
ちなみにあの日の出来事については全くノータッチ。
聞けるわけない・・・
なんか、今すごいもんもんとしているよ。

レス頂いたみなさん どうもありがとう。本当に情けない男です 俺は。
昨日の夜だって酒の力借りてじゃなきゃ、電話かけられなかったし。
みんなが言うように、DQNと付き合っていい気になってた俺が本当に馬鹿だったんだ。
一部は聞いた話だから全部が全部を見たわけじゃないけど、
俺が生まれてから今まで生きてきた中で最も後悔している話です。
つらまなくて、後味の悪い話をグダグダしてしまってすまなかった。


347 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/05(日) 01:46:15 ID:064EsCSv0
驚きMAXだが、今日ゆみから電話があった。
なんてことない雑談から話が始まったんだが、最近見たい映画あるって話しで、「借りぐらしのアリエッティ」なんだって。
見に行きたいけど、一人じゃ行きたくないとか言うもんだから、
「一緒に行くか」って聞いたら、
「うん 行こう」って。
明日(正しくは今日)、行くことになったよ。
みんなありがとう。
おれ、やっぱり、ゆみのことまだ好きだ。
まあ、借りぐらいのアリエッテイって、全然興味ないんだけどさ(涙)
 

---


352 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/06(月) 20:34:02 ID:deH7YZeP0
映画見てきた。
ゆみの.服装の趣味が変わっていて、萌えた。
昔はジーパンにTシャツとかが多かったけど、昨日はスカートにブラウスだった。
アリエッティはすげーつまらない映画だった。
なんであんな映画が人気あるのか理解できないくらい。
映画観た後、ご飯食べて、そのまま帰れば30分くらいで解散できるんだけど、どうしても、もう少し一緒にいたくていたくて仕方なかった。
だけど、今日は二人とも仕事だし。そんなに遅くなるわけにもいかない。
そんなこと思いながらモンモンとしていたら、ゆみが
「今、彼女いるの?」って聞いてきたんだ。
そんで俺が
「いないよ」と答えた。
突然「なんで電話してきたの?」とゆみが言う。
俺しばし無言・・・


353 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/06(月) 20:34:57 ID:deH7YZeP0
結論から言うと、あの日のことを後悔していつまでもグジグジ悩んでいるのは
俺の方で、ゆみは既に過去のこととして乗り越えていた。
俺も「経験者」として今までこのスレを見てきたので、みんながエロ話を求めていることはわかっている。
リアリティに欠ける話や過度に下品な話は、みんな好きじゃないんだろう。
だけど、昨日聞いた話は俺にはつらすぎた。
あの日のことを知りたいという欲求を持っていた自分は本当に愚かだった。


354 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/06(月) 20:35:39 ID:deH7YZeP0
聞きたくなかったが、ゆみはあの日以降のことを話し始めた。
俺の心臓の鼓動はどんどん速くなって、額からは汗が止まらなかった。
だけど、ゆみは何かの意図をもって話しているようにも見えた。
話す内容のわりに妙に冷静だったような気がする。
以前のゆみにはそういう印象は全くない。
あの日の翌日、山田ではなくBから電話があったらしい。
(当然、Bの番号は登録されていないのだが、何か悪い予感でもして出たのだろう。
Bがどうやってゆみの携帯番号を調べたのかは不明。山田もAもたぶん知らないはずなので)


355 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/06(月) 20:36:25 ID:deH7YZeP0
しつこく再会を迫られ、ゆみはしぶしぶ了承。
電話の何日後かはわからないが、ホテルに連れていかれる。
(なんとゆみは、Bに中出しされるといけないからと思い産婦人科に行って、ピルをもらうという準備をしていたのだ)

Bは母子家庭の育ちで母親はスナック勤めの超がつく貧乏一家。
しかもその母親もスナックにやってくる男に遊ばれて捨てられてというような絵に書いたようなDQN。
いわば、BはなるべくしてDQNになった。


358 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/07(火) 21:05:21 ID:lXBIsF6r0
初めてBとホテルに行った日、ゆみいわく「1時間くらい口でさせられた」とのこと。
(「フェラ」という言葉は使わなかったのが幸い)
おれのちんぽがギンギンになりつつ、心臓の鼓動が更に早くなり、Bへの憎しみが激しさを増す。
俺には信じられなかったが、フェラ1時間もさせて何回か口でいって、更にその後、生・中出しでも何回かやられたんだって。
どうやらBはゆみと本気で付き合おうと思ってたみたい。
なんか結婚願望がやたら強いらしく、妊娠したら子供を産めって言われたんだと。
ゆみはそんなBのことを同情しつつも気持ち悪くて仕方なかったと言っていた。
なんでこんな男とセックスしなきゃならないのかと思うと泣けてきたと、超冷静な顔で言ってた。


359 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/07(火) 21:06:02 ID:lXBIsF6r0
ゆみもどうやって逃げようかものすごく悩んだらしいが、良い策はなく、それ以降もしばらくはBに呼び出される。
(何回呼び出されたとか、何カ月間とかはわからなかった)

BはDQNであると同時に変態野郎だった。
半ヤンキーのくせに赤ちゃんプレイが大好き。
ゆみのことを「ママ」と呼びながら乳首を吸うのが大好きな大馬鹿。
しかも毎回中出し。


360 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/07(火) 21:06:33 ID:lXBIsF6r0
俺は、今まで人生で中出しとかしたことないので、聞いてて本当に心の底からショックを受けた。
更に、Bはゆみとの将来を語り始める宇宙一の大馬鹿。
子供は3人欲しいとか。子供が小さいうちは専業主婦がいいとか。
つきあってもいないのに。
聞いてる限り、Bは超がつくほどの絶倫野郎で毎回フェラは長時間の上、
セックスも濃厚。AV男優にでもなったらどうかと思うくらい。


361 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/07(火) 21:07:08 ID:lXBIsF6r0
ゆみの口から聞いたわけではないので、俺の推定の範囲だが、恐らく正常位だけではなく、
バックや騎乗位なんかでもやりまくられたんだろう。

Bはゆみのことを「ゆみ」と呼び、ゆみはBのことを「Bくん」と呼んでいたことも聞いた。
これも俺の妄想だが、変態Bのことだから、バックでゆみをガンガン突きながら、
「ゆみー」とか言いながら中出しでもしたんだろうよ。


370 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/08(水) 21:14:16 ID:D3JQ3JS90
>>362
レス ありがとう。
でも、ゆみは決して自分の意思でだかれたわけではない。
自分の裸が世に出回るl恐怖ってあったと思うんだ。


371 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/08(水) 21:16:02 ID:D3JQ3JS90
日曜日にゆみと会って、Bとの話を聞いてから俺の頭の中はおかしくなっている。
ゆみに聞いた以外のことまでマイナス妄想をしてしまう。
(フラッシュバックの拡大版のようなものだろうか)

例えば、ゆみから聞いたわけでもないのに、「いつも濃厚なディープキス
してたのかな」とか想像したり。
ゆみがBに1時間もフェラさせられていたという話を聞いたが、
「何回も口内発射して、ゆみはそれを全部ゴックンさせられたのかな」とか想像したり。
「執拗にクンニされてBのことを嫌だ嫌だと思いつつ、お腹ビクンビクン
させながらいっちゃってたのかな」とか。
「69とかして、BのポコチンくわえながらゆみのクリトリスがBのベロベロ攻撃
にあったのかな」とか。
「バックで責められながらゆみの美乳がBの汚らしい下品な手で揉み揉み
されたのかな」とか。


372 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/08(水) 21:16:48 ID:D3JQ3JS90
Bは黒い下着が大好きとのことで、度々黒の下着を着てくるようにリクエストがあったという。
ゆみが言われた通りに黒い下着を着ていくと、ニコニコ顔をして喜んだらしい。
俺はゆみが黒い下着をつけてるとこなんて見たことがないのだが、まさかBのために買ったんだろうか。
そんなこと聞けるわけなかったが。
(なんで言われた通りにつけていくんだよ と、少し怒りの感情も覚えてしまったのも
正直なところなのだが、当然俺にそんなことが言える権利はない・・・
ゆみも相当追い詰められていたんだ・・・)


373 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/08(水) 21:17:50 ID:D3JQ3JS90
昨日の夜は黒い下着を身につけて仁王立ちするBのデカポコチンを一生懸命フェラ
するゆみの姿を妄想して、相当落ち込むと同時にフル勃起してしまった。
色んな光景をイメージして落ち込んでいるけど、やっぱりフェラを1時間もさせられた
っていう話はかなりショックだった。
あんな下品でDQNのBのチンポを1時間も口の中に入れさせられたなんて・・・
その上、Bの精子がゆみの口の中に放出されたなんて考えると更に落ち込みが増す。
今、まじで苦しくて苦しくて仕方ない。
スカートにブラウス姿で現れたゆみが以前にも増して、かわいくて利発に見えたことも
フラッシュバックと落ち込みを大きくしている原因だと思う。


374 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/08(水) 21:19:06 ID:D3JQ3JS90
合コンにでも行けば速効で彼氏ができるだろう。
みんなが振り向くほどの美女とまでは流石に言わないが、飲み会に行けば男の視線釘づけのはずだ。
白いタイトな半そでのブラウスに、これまたタイトめのスカート。茶色の上品なパンプス。
胸はそこそこサイズがあって、スタイルもGOOD。
本来であれば、BのようなDQNが近付ける娘ではない。
(本当は俺も近づけないくらいレベルの差があるのだが)
思えば思うほど、あの日、山田家に行ってしまったことが悔やまれる。
過去と他人は変えられないとは聞くものの、ふとした瞬間に、あの過去を消したいと切に思う。


375 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/08(水) 21:25:08 ID:D3JQ3JS90
今日の昼間、あまりの苦しみに我慢できず、ゆみにメールした。
明日の夜、ご飯でもいかないかと。
OKの返事があった。かわいい絵文字入りで。
俺は今、ゆみをめちゃめちゃにしたい衝動にかられている。

ゆみは今もピルを飲んでいることを日曜日に聞いた。
もう必要はないはずだが、飲むと生理痛が劇的に軽くなることに
感動したとのこと。
(確かに生理の時はお腹がいたいと言っていた記憶がある)
ピルを飲んでいることを聞いて俺は、「ゆみに中出ししてみたい」
という欲求に支配されているんだ。
「そんなことしたらBみたいなDQNと同じじゃないか」と思う一方で
「でもやっぱり中出ししたい」っていう行ったり来たりの感情がまた苦しい。
(状況変化もあって話がだいぶ長くなってしまっている。
みなさん、つまらない話をいつまでもすまない)


379 名前: 100 ◆2YiZiNPEdk [sage] 投稿日: 2010/09/08(水) 22:32:15 ID:D3JQ3JS90
>>377

すまん。確かに俺が明日、ゆみに会う話しは激しくスレ違いだ。

ゆみは最後はBから逃げ切ったんだ。
警察に言うって言って。

そんで終わりだ。
Bは結構しつこったらしいが、警察っていう言葉を出したら
以降はコンタクト無しだったらしい。


6年生一貫校の中学生の男の子にわざと密着して


31歳の独女OLです。
毎朝同じ電車に乗ってくる6年生一貫校の中学生の男の子にわざと密着して、お尻かアソコを彼のモノに押し付けています。すぐ勃ってくるのが分かる。時に、カバンを持つ手を股間で挟んだりもします。彼が前になった時は、胸を背中に押し付けます。向かい合わせの時は彼の太ももを股間に挟み、胸も押し付けます。約25分間の朝の愉しみ。駅に着くと、いつもトイレで点検です。アソコはしっとりと濡れている。
毎日同じ時刻、同じ車両、同じドアから乗るんだけど、彼も同じ場所にいて移動しようとしない。もう、お互いに了解済みという感じ。いつか高校生になったら、誘ってみようかしら。

制服もその手の図鑑とかに必ず載るセーラー服だったので


705 :えっちな21禁さん:04/10/23 01:36:25 ID:hSWhLHs0
中学生の頃のはなし。
いわゆる有名女子校に通っていて、
制服もその手の図鑑とかに必ず載るセーラー服だったので
学校名がばれてると思うと痴漢にあっても抵抗できなかった頃。

一番強烈だったのは、身動きもままならない準急電車の中で・・・
いつものように?後ろからお尻をもぞもぞと触られて
困った・・・と思いつつもじっとしていたら
その手はどんどん大胆になっていって
スカートをめくりあげて(イマドキのギャルと違って膝丈のプリーツスカート)
パンツ越しに両手でぎゅっぎゅ~っってもみしだかれた。
怖くて耳元には凄く興奮した鼻息がかかるし、もう怖くて怖くて・・・


706 :えっちな21禁さん:04/10/23 01:38:09 ID:hSWhLHs0
でもその一方で、(ちょうどオナニー覚えたばかりの頃だったんだけど)
じゅん・・・ってカンジでアツクなってきちゃって、足がガクガク震えて
抵抗しないせいか手が・・・ついにパンツの中にもぐりこんできて
やだやだやだやだ!って足とかお尻はぎゅーって力入れてたんだけど
指が・・・お尻の割れ目にそってぐいぐいもぐりこんできて
お尻の穴をぐりぐりされた。

そこでようやく駅に着いたので、そこで途中下車して、ダッシュで違うホームへ。
ガクガク震えて、下がっていたソックスを直そうとしたけど指に力が入らなかった。

まわりにそれらしき痴漢がいないことを確かめて落ち着いた後、
自分が濡れてることに気づいて恥ずかしくなった・・・

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。